バランタイン ハードファイヤード

ハードファイヤードという少し特殊な加工をした樽で後熟させたバランタインです。

アロマは木香、バニラ、干しぶどう、胡椒。フレーバーはスパイシーな甘みと渋みが絡み合ってフィニッシュは渋みのあるバニラが長く続く。

加水した方がより甘さが強調される印象。

ハードファイヤリング製法といって通常より強い炎で樽の内側を焦がした樽で後熟させたものだそうです。これで樽から溶出する香りや味を強調しているようです。

少しわざとらし味と思ってしまうのはこういう情報を知ってしまってるからでしょうか?

PS:スコッチウイスキーの売り上げ第2位のバランタインです。ボトルに描かれた紋章が印象的でウイスキー作りに欠かせない大麦、川(水)、ポットスチル、樽が描かれた盾とその下にはスコットランド国花のアザミが描かれています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中