グレンスコシア 2003(ウイスキーフープ)

岡山のバー・バグースで頂きました。2003年蒸溜のグレンスコシアです。

潮っぽく穏やかなピートも感じる。レモンピール、タンニンがアクセントに。アルコール度数は58・2度だが柔らかくて複雑。心地良い渋みがフィニッシュに向かい心地良かったです。

これはウイスキーフープがリリースしたボトルです。(ウイスキーフープについてはhttp://whiskyhoop.com/?mode=f1 )

PS:グレンスコシアはスコットランド のキャンベルタウンの蒸溜所です。かつてのオーナー、ダンカン・マッカラムが借金苦でキャンベルタウンロッホ(湖)で投身自殺して以来この蒸溜所には彼の幽霊が出るそうですよ。

キャンベルタウンはかつてウイスキー産業が栄えた地域でしたが今ではこのグレンスコシアを入れて3つの蒸溜所しか残っていません。アメリカの禁酒法時代に粗悪なウイスキーを大量に輸出した事が仇となって粗悪品のイメージがついてしまい衰退してしまいました。

売れるからといっていい加減なものを出した当然の結果ですね。ウイスキーが売れる今の時代に同じ過ちが起きないといいですよね。

でも今あるキャンベルタウンの3つの蒸溜所(スプリングバンク、グレンガイル、グレンスコシア)のウイスキーはどれも美味しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中