ラフロイグ クウォーターカスク

よく家で普段飲みしてるラフロイグ クウォーターカスクです。

アロマはピート、バニラ、乾いた木材、潮の香り、わずかにレモンのような柑橘系を感じます。口に含むとまずはピート&ドライなフレーバー、徐々にソルティな味わいの中に洋梨のような甘み酸味も感じます。フィニッシュは再びピーティでドライな味わいが残って行きました。

PS:ラフロイグはスコットランド アイラ島の蒸溜所です。独特の消毒液臭い?って言われている香味が特徴ですが一旦その魅力に取り憑かれると病みつきになるとも言われているアイラモルトの代表格だと思います。創業は1815年ですが1950年からはベッシー・ウイリアムソンという女性が所長を務めたのは有名です。

クウォーターカスクとは通常の樽の1/4の大きさの樽で熟成させた事を意味します。一度は終売になってたようですが今年6月に数量限定で再販になるようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中