ボウモアNo.1

No.1はボウモア蒸溜所の第1貯蔵庫で熟成されていることに因んでいる様です。

アロマはスミレ、ジャスミンのような花の香りを伴いピートが香ります。バニラそしてかすかにシナモン、ブドウ、小梅。口に含むと花やバニラを伴いピートが広がる。少しして鼻に潮の香りが抜けて行きます。フィニッシュに向けタンニン様の渋みも現れ優しく続きます。

PS:海沿いにあるボウモア蒸溜所の第1熟成庫は海抜0mに位置し床は海面より低いそうです(当然、海水や潮の香りの影響を強く受けると思われます)。樽は100%ファーストフィルのバーボン樽のみを使用しています。

履歴から想像する香味とは異なり僕には花の様な優しいアイラモルトと感じました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中