グレンエルギン12年

派手でもなく地味でもなくさりげなく主張するこのボトルは外見も中味も大好きです。

アロマは桃、バニラ、オレンジピール、木香、草原の香り。フレーバーはハチミツ、オレンジピールの次にブドウの酸味、少しサルファリー。フィニッシュの木香を伴った酸味が心地良いです。

PS:スコットランドのスペイサイドのエルギンにあるグレンエルギン蒸溜所。あのホワイトホースの原酒としてあまりにも有名ですが意外とシングルモルトとして飲む機会は少ないかもしれません。甘さと酸味のハーモニーが魅力的です。

ラベルの鳥は蒸溜所周辺に生息しているイワツバメだそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中