オールド・プリトニー12年

ソルティな香味のウイスキーといえばスプリングバンクとこのプルトニーを思い出します。

アロマは小梅、塩キャラメル、塩昆布、タンニン。フレーバーはソルティで暖かい渋みも伴う。フィニッシュでは梅のような酸味を伴うソルティ感が続きました。

PS:かつてニシン漁が盛んだったスコットランド北ハイランド東岸の町ウィックにあるプルトニー蒸溜所。

初溜釜のネックがT字シェイプであることでも有名ですが、スチルの形自体がひょうたんのような?鏡餅のような?ズングリした可愛らしい形状なのが面白いです。ボトルもバルジ型のスチルを連想させる形状ですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中