ザ・グレンリベット12年 (新ボトル)

グレンリベット12年の新ボトル。凄く慣れ親しんでいる人も多いので新旧のボトルを比べて色々意見や思いがある人も多いと思います。

アロマは青リンゴ、すりおろしたリンゴ、アセロラ、アプリコット、木香、淡い色の花。フレーバーは酸味と甘み,ライトボディですっきり華やか、喉を通すと渋みも加わり優しく溶けていきます。フィニッシュは再び青リンゴの香味が続く。

加水すると青リンゴや洋ナシの香味がより前面に。

PS:ボトルのデザインが変わると中身も変わる事が多いようです。このグレンリベット12年は普段から家で飲んでいてスペイサイドモルトの基準のようにしていたので気になってました。平行テイスティングすると明らかに中身も変更したように感じます。

個人的には新ボトルはより軽やかなフルーティさが前面に出ていて食前酒に飲みたいな〜って思わせる印象です。ずっと飲んでいた旧ボトルがなくなってしまうのは寂しいですがこの新ボトルも魅力充分です。

あと数年して今家にある旧ボトルとこのボトルを再度平行テイスティングするのが楽しみです。感じることが今と違うかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中