ボウモア10年 1999 マーレイ・マクダビッド

ソーテルヌワイン熟成樽で後熟したボウモアです。

アロマはスミレの様な花の香り、ピート、メロン、イチジク、バニラ。フレーバーは優しいピートを背後にドライな渋味とともに花のようなエキスを感じる。フィニッシュはアーモンドのような甘み、乾いた渋み。

PS:超甘口ソーテルヌワインの最高峰として知られているシャトー・ディケムの熟成樽で後熟されたボウモアです。優しいピートに花の香り、爽やかなフルーツの香味が絡み合って楽しめました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中