ウルフバーン ノースランド

ラベルの狼?はよく見ると意外と可愛いですね。

アロマはリンゴ、シナモン、洋梨、青草、ソルティ、溶剤。時間が経ってドライ感を伴い洋梨系のフルーツ感が強く主張してきます。フレーバーは酸味、甘みが支配。バニラ、柑橘系フルーツ、麦芽を連想。軽いピート感も伴う。喉を通すと酸味、渋みとスパイシー感が全体に広がり適度に樽香を感じました。

PS:ラフロイグ熟成後のクウォーターカスク熟成のためか麦芽はノンピートの様ですが軽いピート感を伴っています。

コロナウイルスのためモルトウイスキーも家飲みです。バーで飲む良さも実感しつつも、ボトル1本買って家で飲んでいると1本飲み干すまでの味の変化は楽しめますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中