ベンリアック10年

少し前にボトルデザインが変わったベンリアック。久しぶりにボトル買ってみました。

アロマはバニラ、青リンゴ、松ヤニ、木の切り株、チョコレート、ダージリンティー。フレーバーはバニラ、タンニン、柑橘系フルーツの酸味。フィニッシュはアルコール感を伴った温かい酸味が残って行きました。

PS:バーボン樽とシェリー樽の熟成でおそらくはノンピートタイプのベンリアック10年です。ベンリアックといえば少しスモーキーでありながらフルーティで華やかなスペイサイドモルトって印象でしたがこれはノンピーテッドタイプ。個人的にはほのかにスモーキーな香味が漂うベンリアックが好きですが、このボトルも本来のスペイサイドモルトらしい魅力を感じることが出来て好印象です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中