エッセンスオブ サントリーウイスキー 第3弾 ブレンデッドジャパニーズウイスキー クリーンタイプ

杉樽熟成の原酒が使われています。鏡板に杉材が使われているだけでこんなに違うんですねー。アロマは白木、ハッカ、バニラ、爽やかな森林、木工家具。フレーバーは木を舐めている爽やかな渋み、苦味を伴うスパイシー感。後を引かないキレの良さがありながら暖かい渋み、苦味の余韻。

PS:鏡板に杉材を使用した樽で白州蒸溜所のモルト原酒を熟成した原酒を使用したブレンデッドウイスキーです。このシリーズでは実験的な試みが行われていて興味深いです。このボトルでは杉材の影響が強く出ていて面白い反面、他の要素が拾いにくかったです。たまに飲む変化球としては面白いですが個人的にはやっぱりオーク樽熟成の方に魅力を感じます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中