ニッカ セッション

バックバーで目立ちそうなニッカの新製品です。ブレンデッドモルトですね。

アロマは、香り立ちよくフルーティ。バニラ、柑橘フルーツ、ほんのりフェノール、麦芽香、リンゴ、時間が経ってタンニン香、濃い色の花、紅茶。
フレーバーは濃厚で甘渋い。バニラ、熟したフルーツ、プルーン、リンゴ、タンニン様の渋み、フィニッシュはフルーティでありながらトースティな香味が続く。
香味の要素がはっきりしていて分かりやすい味わい。

PS:ニッカのブレンデッドモルトという事で宮城峡、余市、ベンネヴィスを中心に、さらに別のスコッチウイスキーがブレンドされている様です。同じニッカのブレンデッドモルトである竹鶴と飲み比べましたがセッションはより熟したフルーツのニュアンスが強く香味のコンテンツがはっきりしていると感じました。
これが良いかどうかは好みで分かれそうですね。

発売本数も多いようで普段飲みのモルトウイスキーとして良さそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中