ウエストポート 21年 1997 50.7% モルトウイスキーカンパニー

ウエストポートはグレンモーレンジのティースプーンモルトです。

アロマは穏やかで、繊細でリッチ。バニラ、シナモン、乾いたオーク香、洋梨、りんご、ナッツ、心地よい麦芽香。
時間が経つにつれフルーツ感を伴うオーク感が香り立つ。
フレーバーは甘、渋さが上品、そして繊細に広がる。洋梨、トロピカルフルーツ、パイナップル、麦芽糖、バニラを連想。
フィニッシュに向けては繊細なフルーツ感が舌の上で溶けていく。

PS:モルトウイスキーカンパニーはスチュアート・ニッカーソンが2004年に設立したインディペンデントボトラーです。スチュアート・ニッカーソンはハイランドパーク、グレンロセスのマネージャーを歴任したことやグレングラッサ蒸溜所を復興させたことでも有名です。

このウエストポートはグレンモーレンジに極少量の他のモルトがブレンドされたいわゆるティースプーンモルトです(この時点でこのウイスキーは法律上ブレンデッドモルトで、シングルモルトではありません。当然、蒸溜所名も名乗ることは出来ません)。諸事情で蒸溜所名を明かしたくない時、明かせない時に良くされる手法ですが、その筋ではウエストポート=グレンモーレンジであることは周知の事実です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中