グレンモーレンジィ ケーク

トカイワインのカスクフィニッシュのグレンモーレンジィです。

アロマはフルーティで華やかな香り立ち、リンゴのタルト、オレンジ、バニラ、シナモン、瑞々しいブドウ、蜂蜜。ほんのりハーブ。時間が経って心地よいスパイシー感。
フレーバーは、ねっとりした甘さ、酸味。濃厚なクリーム感。
フィニッシュで柑橘系の酸味渋み、オレンジピールや生姜を連想。最後は辛みやソルティ感を伴う心地よい酸味が長く続く。
甘さが前面で主張するが背後のスパイシー感が絶妙なアクセントに。

PS:このグレンモーレンジィ・ケークは蒸溜所の最高責任者ビル・ラムズデン博士が自身の娘と祖母が誕生日に焼いてくれたケーキの思い出を再現したものだそうです。
(https://whiskynews.blog/)
このボトルパッケージもそんな背景や味をよく表していいて、飲みながらどんなケーキだったのか想像してしまいます。貴腐ワインであるトカイワインカスクのフィニッシュで濃厚な甘さをストレートでゆっくり楽しみたいボトルです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中