キャパドニック18年 ピーテッド

キャパドニックは2003年に閉鎖されたスコットランド、スペイサイドの蒸溜所です。

アロマは薫製、バーベキューの炭、土っぽいピート、焦げた木材、葉っぱ、焼き和菓子、濃い紅茶、草っぽい甘い香り、フレーバーは心地よい柑橘フルーツの酸味の後、土っぽい苦味、紅茶の甘味が続きます。
フィニッシュは土ぽいピートと薬草のような苦味。

PS:キャパドニックはグレングラントの第2蒸溜所としてスペイサイド、ローゼスに1898年創業し、2003年に閉鎖された蒸溜所です。建物自体も2011年に取り壊されています。因みにキャパドニックとはゲール語で「秘密の泉」の意味で、秘密裏に恋人たちが密会する場所とされています。
当初からノンピートタイプとピーテッドタイプをスモールバッチで生産していたようですが、僕自身はピーテッドタイプは初めて飲みました。薫製や土っぽさを感じるピートとハーブっぽい香味が印象的です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中