タリバーティン 20年

ハイランドクイーンのキーモルトです。

アロマは草っぽい香り、乾いたオーク香、柑橘フルーツ、麦芽香、バニラ。
フレーバーは滑らかで優しい。麦芽糖の甘味を伴いながら苦味、酸味が主役。オレンジピール、ライチ、ハーブ、メントール。
フィニッシュはハッカにようなドライ感。
少量の加水で甘みとフルーツ感が前面に。

PS:タリバーティン蒸溜所のあるブラックフォード村は名水ハイランドスプリングの取水源として知られています。ブレンデッドウイスキーのハイランドクイーン、ミュアヘッドのキーモルトとしても知られ、ハイランドモルトでありながら地理的にローランドにも近くローランドモルトの優しいニュアンスも感じます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中