グレントファース15年

バランタインのキーモルトシリーズのNo.3。これはグレントファース15年。

アロマは柔らかくフルーティ。完熟りんご、プルーン、ブルーベリー、バニラ、爽やかなハーブ香、優しい麦芽香、時間が経ってハチミツ、柑橘系フルーツ、マンゴー、ナッツ、トフィー。
フレーバーは優しく柔らかなフルーツ感。優しい酸味、甘味が主張。背後にタンニン様の適度な渋み。完熟フルーツ、甘さ控えめなフルーツタルトを連想。オフフレーバーをほとんど感じない。飲みやすく、スムーズ。
フィニッシュは酸味、甘味、渋みがバランスよく続く。

PS:スペイサイドモルトの優しいフルーツ感の魅力が前面に出ているボトルです。
かつては、ロイヤルハウスホールドやブラック&ホワイトの原酒として使われていましたが、現在はバランタインのキーモルトとしてあまりにも有名です。
この優しいフルーツ感は、モルト好きの人ならほとんどの人が好印象を持つと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中