グレンゴイン10年

グレンゴインとは「野生の雁」という意味だそうです。

アロマはフルーティで柔らかい香り立ち。トップノートで白桃、リンゴが主張。バニラ、シナモン、麦芽香が続き背後に軽い溶剤、オーク感。
フレーバーも柔らかくフルーティかつクリーミー。酸味、甘みが優しく広がり樽由来の渋みが追いかけます。
リンゴ、マンゴー、びわ、干し柿を連想。
フィニッシュはリンゴの酸味とタンニン様の渋みが優しく続く。
時間が経つとフルーティでありながら、より溶剤感、オーク香が主張してきます。

PS:このモルトはシェリー樽原酒30%、リフィルのバーボン樽原酒70%の構成のようです。
使用される麦芽はすべてノンピートタイプで、すっきりと柔らかくクリーミーな味わいです。
グレンゴイン蒸溜所は一般的には比較的地味な存在かもしれませんが、あのボトラーズのイアンマクロード社の所有でハイランドとローランドの境界線に立つ風光明媚な立地にあります。
映画「天使の分け前」のロケ地にもなっています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中