グレンリベット12年 イリシットスティル

グレンリベットの限定シリーズ「ザ・グレンリベットオリジナルストーリーズ」の第一弾です

アロマは華やかでしっかり語りかけてくる印象。アプリコット、バニラ、程よく焦げたオーク感、軽く焦がした麦芽、青リンゴ、濃い色の花、黒糖、トーストしたキャラメル。
フレーバーは滑らかに渋みが広がったあと甘みともに酸味が一気に広がる。ボディ感もしっかりありその中でフルーツ感が広がる。
ブドウサイダー、柑橘フルーツ、焼きリンゴ。重層的にフルーツ感が訴えてくる印象。ハーバルな苦味、甘みも漂う。
フィニッシュはブドウの皮の渋み。

PS:イリシットとは「不法な、不正な、禁制の」などの意味で、イリシットスチルとは「密造用の蒸溜釜」を意味します。今回のボトルは創業者ジョージ・スミスが当時、密造していたオリジナルウイスキー「グレンリベット」を想起してボトリングされているとのことで、ザ・グレンリベットの原点を表しているようです。
密造酒を思わせるボトルも素敵なのですが、それを差し置いてもこのモルトウイスキーはスペイサイドモルト12年熟成とは思えない、トースト感、ボディ感を伴うフルーティーな魅力を放っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中