駒ヶ岳 リミテッドエディション2020

毎年リリースされる駒ヶ岳のリミテッドエディションです。

アロマはバニラ様の甘いオーク香、爽やかなフルーツ香、干し柿、和のフルーツ。
フレーバーはピリッとするアルコール感を伴いながら、酸味、甘みのフルーツ感、柿の蜜を連想。奥に暖かいオーク。若さは感じるがネガティブな印象は感じない。
フィニッシュは甘い糖蜜、フルーツ。樽の渋みとともにスパイシー感も続く。
時間がたって甘いバナナのようなニュアンスも

PS:昨年の駒ヶ岳リミテッドエディションです。これを飲むのは同じバーで2度目でしたが前回より固さが取れて熟したフルーツ感が増した印象です。若いながらにバーボン樽由来の魅力とシェリー樽由来の魅力が程よく調和していてゆっくり楽しめました。毎年微妙に樽使いを変えて飲み手の心をくすぐるシリーズです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中