リンクウッド2006 14年 54.9% ソーテルヌフィニッシュ/アリスターウォーカーカンパニー インフリークエントフライヤー

大阪、堺市の酒屋の量り売りで購入

アロマは甘くしっとりと香る。熟したフルーツ、リンゴ飴、アプリコット、熟れた洋梨、バナナ、フルーツタルト、バニラ、シナモン、甘さに縁取られた麦芽香、奥に重めの溶剤感。
フレーバーは甘味を背景に酸味と渋みが重く主張。オーク由来の渋みが印象的。バニラ感、新品の木工製品のニュアンス。アロマで感じた甘くフルーティな感覚も存在するが、フレーバーはオーク由来の甘味と渋みが主役。フィニッシュに向けても甘苦いような渋みが持続。余韻は中程度。

時間が経ってフレーバーでも熟したフルーツ感が主張。桃や枇杷のようなニュアンスとオーク感の共存が楽しくなる。フィニッシュも暖かく長くなる印象。
それにしても独特のオーク感が強く個人的には少し違和感を感じました。

PS:アリスター・ウォーカー・ウイスキー・カンパニーはあのビリー・ウォーカーの息子、アリスター・ウォーカーが2018年に立ち上げたインディペンデントボトラーです。
このボトルはソーテルヌワイン熟成のホグスヘッド樽フィニッシュです。ヴァージンオークを彷彿とさせる独特のオーク感とフルーツ感の組み合わせは、好みが分かれるかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中