静岡プロローグW

プロローグKに続く、静岡蒸溜所の2本目のリリースです。

アロマはしっかりと語るかけてくる印象。フレッシュなオーク香、バニラ、シナモン、ハーブ、メントール、白い花、メープルシロップ、メロン、背後にピート、焦げっぽいトースト感。
フレーバーは口に含むと甘み、渋みが主張し喉を通すと酸味が心地よく広がる。ソリッドなしっかりとした酒質。バニラ、シナモンのオーク由来の甘さ、麦芽の甘さ、出来たての木工製品、レモン系の柑橘フルーツ、ハッカ、メントールのニュアンス。
フィニッシュはフレッシュな酸味、渋み、オーク由来の甘みがバランス良く続く。余韻は中程度。

元々の原酒の特徴なのか、フレッシュなオーク感、メントールのニュアンスの主張が個性的。ここの好き嫌いで飲み手の評価は別れそうです。プロローグKより酒質が厚く、リッチな印象を感じました。

PS:静岡蒸溜所がリリースする2本目のシングルモルト 。ファーストリリースは初留に軽井沢蒸溜所から買い取ったスチルで蒸留したものでしたが、今回は初留を薪の直火焚きによるフォーサイズ社製のスチルで行ったものです。
どちらも独特なフレッシュなオーク感を感じますが、これはこの蒸溜所の個性なのかもしれません。発酵槽にも杉の木を使っていたり、蒸留所の建物自体に杉の木が多く使われていることが関係あるのかもしれません。今回のボトルの酒質は厚く、トースティな印象でこの独特のオーク感との相性が良く、プロローグKよりこのWの方が断然好みです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中