グレングラント アルボラリス

グレングラント メジャーリザーブの後継品とのことです。メジャーリザーブ同様コストパフォーマンスが素晴らしい一本。

アロマは良好な香り立ち。トップノートで柑橘系のフルーツ香と樽の甘味。ネーブルの皮、金柑。ハーブ、若々しい麦芽香、バニラ、木材の切り株、奥に溶剤感。時間が経ってパイナッルやバナナのニュアンス。
フレーバーはアタックでハチミツの甘さと柑橘フルーツの酸味。続いて心地よい渋み。ライトボディ、甘いがあっさりとした口当たり。
フィニッシュで柑橘の酸味と樽の渋みが残っていくが切れ上がりは早く潔い。余韻は短め。

複雑さや豊かさには欠けるが、手頃な値段で爽やかで甘いシングルモルトの魅力が味わえるボトル。特にハイボールはお勧め。

PS:アルボラリスとはラテン語で「木漏れ日」の意味。ラベルのデザインもブランド名もこのウイスキーの香味とマッチしています。バーボン樽熟成とシェリー樽熟成の原酒のブレンドで良いバランスに仕上がっています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中