ピティヴァイク12年 花と動物シリーズ

仙台で久々にこのボトル見つけました。

アロマの立ちは穏やか。トップノートで甘いハーブと熟したフルーツ香。黄桃、枇杷、イチジク、黄色い花、茶葉、バニラ、シナモン、落ち着いた麦芽香。
フレーバーは優しい口当たり。ハーブの甘味苦味。柑橘系フルーツの酸味と甘みが、後から重なって行く。
フィニッシュはオレンジピールの渋み。
ライト〜ミディアムボディで、穏やかだが上品な主張。
時間経過で熟したフルーツ感とトースト感が加わる。カカオや醤油で焼いた菓子のようなニュアンスも。

PS:ピティヴァイクはスコットランド、スペイサイドのダフタウンにあって1993年に閉鎖した蒸溜所。この花と動物シリーズも以前飲んだ記憶はあるものの、味ははっきり覚えておらず、仙台のbar Andyでの久々の再会。
ボトリングも2000年代前半以前のはずで瓶熟の影響もあるのか、穏やかで華やかな美酒っていう印象でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中