マーレイ マクダヴィッド Benchmark カリラ 2014 6年 PXカスクフィニッシュ

ペドロヒメネスシェリー樽、追加熟成のヤングカリラです。

アロマは穏やかに主張する印象。トップノートで熟したフルーツ感、樽のニュアンス。薬品、黄桃、湿った木材。少し時間が経って柔らかいピート感、燻した魚の皮、バニラ、シナモン、ミント、メントール。

フレーバーは熟したフルーツ、トースティーな穀物感、心地よく柔らかいピート、魚の旨味成分。余韻はピートを伴う柔らかく長い苦味。余韻は比較的長い。

PS:バーボンホグスヘッドで熟成後、スペイン王室愛飲のヒメネス スピノラ社のPXシェリーの空き樽で7ヵ月追熟したカリラ6年。心地よいピートとペドロヒメネスのマッタリとした甘いニュアンスが熟成年数の若さと上手くマッチしてネガティブな要素を感じさせない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中