モートラック 11年 2007 クランデニー

スペイサイドの異端児、ダフタウンの野獣などと称されつモートラックです。

アロマは華やかで深く、フルーティ。バニラ、イチジク、チェリー、なめし皮、完熟リンゴ、濃厚なフルーツ感が漂う。
フレーバーは甘渋く、やや土っぽく、深みがある。骨格がしっかりしていて、舌の上でスジっぽい質感を感じます。バナナのような甘み、柑橘系フルーツの酸味も漂う。
フィニッシュは深みを伴いながら、柑橘系フルーツの皮のような渋み、酸味。

PS:フルーティでありながらモートラックらしいしっかりとした酒質を味わえるモルトです。地元のバーで以前飲んで美味しかったのでボトルを購入しました。スペサイドモルトでありながら独特の香味や質感を楽しむことが出来ます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中