ウエストコーク12年 シェリーカスクフィニッシュ

グリーンアップルっぽいニュアンスが個人的に癖になりました。

アロマの香りたちは穏やかでフルーティ。酸味を伴うフルーツ、グリーンアップル、ほんのりタンニン香、バニラ、エステリー、ハチミツ、麦芽香。
フルーツ感、穀物感、オーク香がバランス良く主張してきます。
時間が経ってリンゴ感の主張が強くなります。
フレーバーは酸味、甘味、渋みがバランスよく現れる。リンゴのタルト、麦芽糖、ハチミツ。ほんのりメントールのニュアンスも。
フィニッシュは爽やかで酸味、渋みが溶けていく。リンゴの皮のニュアンスとスパイシー感が長く続きます。

PS:アイリッシュのウエストコーク。このボトルはペドロヒメネスシェリーの2年後熟の12年熟成です。
元々のウエストコークの軽やかでフルーティな酒質にグリーンアップルのフルーティ香が更に加わって、主張してきます。
アイリッシュの個性を保ちつつ、ペドロヒメネス樽後熟の影響を楽しむことが出来ます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中